本文へ移動

【阪急杯】4着インディチャンプ高松宮記念へ 音無師「これで太めが解消して良くなれば」

2021年2月28日 17時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
インディチャンプ(資料写真)

インディチャンプ(資料写真)

◇28日 第65回阪急杯(G3・阪神・芝1400メートル)
 阪神C3着以来、2カ月ぶりの実戦となった3番人気のインディチャンプは、4角7番手から脚を伸ばしたが、勝ち馬と0秒4差4着に終わった。「ある程度の位置につけて、ラストもいい伸びをしてくれているのですが、ラスト100メートルあたりで苦しくなりました。それが休み明けの分だとすれば、次は変わってくれると思います」。福永は今季初戦をこう振り返り、管理する音無師は「はじけませんでしたね。斤量差もありますし、これで太めが解消して良くなればと思います」と次を見据えた。今後は在厩して調整。高松宮記念へ向かう。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ