本文へ移動

【マラソン】驚異の日本新記録Vに「自分が一番びっくり」鈴木健吾が日本人初2時間5分の壁破る 最後の「びわ湖毎日」

2021年2月28日 12時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2時間4分56秒の日本新記録で優勝した鈴木健吾

2時間4分56秒の日本新記録で優勝した鈴木健吾

 びわ湖毎日マラソンは28日、大津市皇子山陸上競技場発着で行われ、鈴木健吾(25)=富士通=が日本選手として初めて2時間5分を切る2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。従来の日本記録だった大迫傑(ナイキ)が昨年3月の東京マラソンでマークした2分5分29秒を33秒縮めた。
 36キロ過ぎに単独首位に浮上。その後もペースを上げ、2位以下に1分30秒近い大差をつけた。中継したNHKのインタビューで「こんなタイムが出るとは思わなかった。正直、自分が一番びっくりしている。20キロ、25キロすぎから自分でリズムに乗って走れていた。これはいけるかなと思った」と喜びを口にした。
 来年は大阪マラソンと統合されるため、滋賀県での開催は第76回の今回が最後となる。
【おすすめ記事】

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ