本文へ移動

「ケチャップ用トマト 育てて」 JA小松市が生産者を募集

2021年2月28日 05時00分 (2月28日 11時08分更新)
ケチャップ用トマトの生産者を募集するJA小松市の職員=小松市上小松町で

ケチャップ用トマトの生産者を募集するJA小松市の職員=小松市上小松町で

 JA小松市は、ケチャップの原料に使うトマトの生産者を三月五日まで募集している。市内在住で野菜の栽培経験がある人なら誰でも応募できる。
 同JAは市内産のトマトだけを使ったケチャップを二〇一七年から販売。一八年に日本農業新聞が優れた農産加工品を選ぶ「一村逸品大賞」で金賞を受賞し、今では人気商品だが、原料のトマトは露地栽培で生産量が安定しないため、昨年から生産者を一般からも募集し始めた。
 応募者には一本約百円の苗を二十本以上購入してもらう。トマト栽培が未経験の人でも参加できるよう、講習会を開く。収穫したトマトは出荷量に応じて販売代金を支払う。苗を千本用意し、先着順で募集。平日午前九時〜午後五時に電話で申し込む。担当者は「農業の喜びを感じてほしい。初心者も気軽に参加を」と話す。(問)同JA0761(23)4054 (井上京佳)

関連キーワード

PR情報

石川の新着

記事一覧