本文へ移動

【社会人野球】プロ注目5秒8の俊足『走る証券マン』大内信之介「ことしは盗塁数にこだわる」

2021年2月27日 20時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ入りも視野に「走る証券マン」を目指すJPアセットの大内

プロ入りも視野に「走る証券マン」を目指すJPアセットの大内

◇27日 練習試合 JPアセット証券3―2明大
 創部3年目の社会人野球のJPアセット証券は27日、東京都府中市で明大と練習試合を行い、新主将の大内信之介内野手(23)が走る野球を目標に掲げた。昨年の都市対抗ではセガサミーの補強選手として活躍した“走る証券マン”は「ことしは盗塁数にこだわりたい。個人では毎試合盗塁、チームで1試合3個以上」とした。この日は1安打1盗塁。チームは足を使った攻撃で終盤に3点をもぎとり、3―2で逆転勝ちした。
 50メートル5秒8の俊足で、今春はNPBスカウトも視察するなどプロ注目の存在。「人生が変わりました」。選手全員が証券マンという中で、営業成績もチームトップクラスという大内がグラウンド内外で走り回る。
 ▼大内信之介(おおうち・しんのすけ) 1997(平成9)年10月30日生まれ、静岡県出身の23歳。168センチ、68キロ。右投げ左打ち。内野手。東大阪大柏原(大阪)から上武大に進み、昨春にJPアセット証券入社。昨年の都市対抗はセガサミーの補強選手として全4試合に出場し、4強入りに貢献。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ