本文へ移動

日本ハムの横尾俊建内野手と楽天の池田隆英投手が交換トレード 両球団から発表

2021年2月27日 13時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハムの横尾俊建(右)と楽天の池田隆英

日本ハムの横尾俊建(右)と楽天の池田隆英

 日本ハムの横尾俊建内野手(27)と楽天の池田隆英投手(26)のトレードが成立した。27日に両球団から発表された。
 横尾は慶大から2016年にドラフト6位で日本ハムに入団。昨季は44試合に出場し、打率2割5分2厘、2本塁打、11打点。楽天によると背番号は「30」となる。
 池田は創価大から17年にドラフト2位で楽天入り。19、20年と1軍登板はなく、19年オフに育成契約に切り替わり、昨季終了後に支配下選手に戻った。通算15試合(うち先発7)で1勝5敗、防御率5・91。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ