本文へ移動

【東京六大学】早大・徳山壮磨 今季初実戦5イニング零封 中日の米村スカウト「打たれても抑える、柳タイプ」

2021年2月26日 18時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今春初の練習試合登板で5イニングを無失点の早大の徳山

今春初の練習試合登板で5イニングを無失点の早大の徳山

◇26日 練習試合 早大1―0ENEOS(川崎・ENEOSとどろきグラウンド)
 東京六大学野球で昨秋優勝した早大のドラフト上位候補、徳山壮磨投手(3年・大阪桐蔭)が今季初登板で先発し、5イニングを4安打7奪三振で無得点に抑えた。中日、楽天など5球団のスカウトが視察、得点圏に走者を置いても失点しない投球を改めて評価した。
 エース背番号11での初登板。最速147キロを記録し、要所ではフォーク、スライダーも決まっていたが、徳山は「思うようにコントロールができなかった。強豪をゼロに抑えたのは良かったが、内容はふがいない。リーグ戦は大黒柱としてしっかり投げたい」と気を引き締めた。
 中日の米村チーフスカウトは「打たれても抑える、ウチの柳に似たタイプ。彼本来の投球はできていた。キレが出てくればもっと良くなる」と期待を込めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ