本文へ移動

<わがまち遺産> (17)土田の氷場(可児市)

2021年2月26日 05時00分 (2月26日 11時23分更新)
斜面に沿って段々に広がる長方形の氷場=可児市土田で

斜面に沿って段々に広がる長方形の氷場=可児市土田で

 可児市土田の鳩吹山のふもとに広がる可児川下流域自然公園。春には美しいカタクリの群生地、秋にはモミジが色づく広場を抜けると、石垣などで囲まれた大小さまざまな長方形が現れる。谷川の水を凍らせて天然の氷を作った「氷場」だ。日が当たらず、辺りはひんやりと静か。石垣の一部が崩れたり、敷地内に樹木が生えたりはしているが、当時使われていた面影が残る。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報