本文へ移動

J1名古屋の守護神ランゲラック 昨季の最少28失点超える“鉄壁構築”に意欲!「激しいバトルになる」

2021年2月26日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
28日の福岡との開幕戦に向けて意気込んだランゲラック

28日の福岡との開幕戦に向けて意気込んだランゲラック

 名古屋グランパスは25日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習を行い、28日に開幕戦を控える今季に向け、GKランゲラック(32)はJ1最少の28失点に抑えた昨季以上の鉄壁構築に意欲を見せた。
   ◇   ◇
 圧倒的な存在感で今季もゴールに鍵をかける。ランゲラックは堅守の要として昨季の公式戦にフルタイム出場。リーグ戦の半数にあたる17試合を無失点に封じ、無失点試合数のリーグタイ記録を達成した。さらに分厚い鉄壁を目指す守護神は、今季の展望を語った。
 「最初から最後まで激しいバトルになると思う。失点を減らすことができれば素晴らしいけど、4試合増えるし、どこまでできるかだね。開始前に勘定をせず、ピッチの上でベストなプレーをしたい」
 2年連続のJ1最少失点へ、平常心で臨む。目の前の試合に集中し、ベストを尽くすことがシーズンを通した好成績につながると強調。昨季をさらに下回る失点数を目指しつつ、記録への意識を一度外に置いてピッチに立つ。
 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場する今季は過密日程となるが、リーグ戦では昨季で自信を得た精神面の強さが大いに生きるとみている。堅守をベースに気持ちの強さで終盤に得点を奪い、ハードな戦いを勝ち切る自信をのぞかせた。
 「キャリアの中でもベストな決定だった」というJリーグでのプレーも今季で4年目。充実の日々を送る守護神が、開幕を心待ちにする。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ