本文へ移動

コロナ回復の白鵬「稽古できると思わなかった」体が温まり阿武咲と『数番やろう!』30番20勝に充実

2021年2月25日 19時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
合同稽古で阿武咲(左)と相撲を取る白鵬(代表撮影)

合同稽古で阿武咲(左)と相撲を取る白鵬(代表撮影)

 横綱白鵬(35)=宮城野=は、25日も東京・両国国技館で行われた合同稽古に参加した。この日は阿武咲と30番の三番稽古(同じ相手と連続して相撲を取る稽古)で20勝10敗。合同稽古はこの日で終了だが、白鵬は2日で60番と精力的に汗を流した。
 コロナ感染後ということで「稽古できると思わなかったんでね。やっぱり来てみて、環境を変えて、雰囲気を味わったところで、やっぱり体が自然と温まるうちに『数番やろう!』とね、なったわけですけど。来てよかったと思います」と充実した表情だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ