本文へ移動

時津風部屋 新親方は「独りで背負い込む方」正代&豊山サポート「成績響いたと言われるとしゃく」

2021年2月25日 19時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新師匠として稽古を見守る時津風親方(代表撮影)

新師匠として稽古を見守る時津風親方(代表撮影)

  • 新師匠として稽古を見守る時津風親方(代表撮影)
  • 相撲を取る正代(左)と豊山(代表撮影)
 元幕内土佐豊が師匠となり新体制がスタートした時津風部屋で25日、大関正代(29)らが東京都墨田区の同部屋で行われた稽古後に代表取材に応じた。
 師匠が代わっても、正代は「やり方とか変わるわけじゃない。今のところまだ分からないけど、特別な感じはない。これから分かってくると思う。落ち着いて対応できたら」と稽古に集中。この日は幕内の豊山と9番の申し合いで8勝し「親方が変わったから成績に響いたとか言われるのはしゃくなので、言われないように頑張らないといけないですね」と、2度目の優勝を目指す春場所へ意欲をみせた。
 豊山も「新しい師匠になったからとか言われないようにするしかできないんで。われわれはわれわれなりに頑張れれば」と奮起を誓い、「(新師匠は)独りで背負い込む方、弱みを出さない方なので、(関取)2人と親方3人の5人でサポートすることがあればと思います」と、まわしを締めて指導をする新師匠を一丸となって支えていくつもりだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ