本文へ移動

コロナ下の取り組みを発表 全旅連青年部、東海・近畿ホテルサミット

2021年2月25日 05時00分 (2月25日 15時35分更新)
サミットではオンラインを通して各地の宿泊施設の経営者が議論した=大津市苗鹿の湯元館で

サミットではオンラインを通して各地の宿泊施設の経営者が議論した=大津市苗鹿の湯元館で

 宿泊施設の経営者らがつくる全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)の青年部は二十四日、新型コロナウイルス下の業界について意見交換する「全国旅館・ホテルサミット2021 東海・近畿ブロック」を開いた。
 サミットは、地域ごとに四回に分けて行い、同ブロックが二回目。感染症対策のためビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って開催し、若手経営者を中心に二十五人が参加した。
 「求められる旅とは」「提案すべき旅とは」「どう利益を出すか」...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧