本文へ移動

バーベキューは「わら焼」きで 飯島「ワンデイ」の専用セット人気

2021年2月25日 05時00分 (2月25日 15時12分更新)
専用のわらと焼き台で表面を焼かれるベーコン=飯島町の千人塚公園キャンプ場で

専用のわらと焼き台で表面を焼かれるベーコン=飯島町の千人塚公園キャンプ場で

 わらから上る火で食材を焼く「わら焼き」を気軽に楽しんでほしいと、飯島町七久保の会社「Oneday(ワンデイ)」が手がける専用わらと焼き台が、「便利で本格的」と人気だ。大相撲の土俵だわらを作る町内企業「未来いいじま」のわらを使い、町産わらや稲作の振興にも取り組む。
 ワンデイは、アウトドアブームを受けて二〇二〇年七月、わら焼きの豪快さやおいしさに着目して創業。大相撲の土俵だわらに使われるわらは、倒伏せず土が付かずに育った縁起の良さに加え、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧