本文へ移動

天竜川橋梁、キラ鉄ファイルに 天浜鉄道が発売

2021年2月25日 05時00分 (2月25日 05時01分更新)
天竜川橋梁の写真などを収めたファイル=浜松市天竜区の天竜二俣駅で

天竜川橋梁の写真などを収めたファイル=浜松市天竜区の天竜二俣駅で

 天竜浜名湖鉄道は、国登録有形文化財の天竜川橋梁(きょうりょう)(浜松市天竜区二俣町)と機関車扇形車庫(同)の写真に特殊加工をした「国鉄二俣線開通八十周年記念キラ鉄ファイル」を発売した。
 透明ではなく光が反射するように加工した書類用のファイルで、「キラ鉄」の商品名で国内各地の鉄道会社がオリジナルグッズを作っている。天浜鉄道では今回が三作目。
 天竜川橋梁は、保線の担当社員が一般には見られない光景を撮影し、歴史的な雰囲気が伝わりやすいようモノクロに近い色合いに仕上げた。二俣線開通から現在までの年表も掲載した。
 六百円。天浜線の有人駅、オンラインショップ「てんはまや」で販売している。 (南拡大朗)

関連キーワード

PR情報