本文へ移動

彫刻や漆工芸、集大成 草津で滋賀大生の卒業制作展

2021年2月25日 05時00分 (2月25日 05時00分更新)
人の形をした彫刻など力作が並ぶ会場=草津市野路六の草津市立草津クレアホールで

人の形をした彫刻など力作が並ぶ会場=草津市野路六の草津市立草津クレアホールで

 滋賀大教育学部の美術教育講座の学生による「卒業制作展2020」が、草津市野路六の同市立草津クレアホールで開かれている。二十八日まで。入場無料。
 会場には、絵画や漆工芸など、卒業生七人の作品と論文が並ぶ。石川寛太さん(23)は、太陽光で紙に絵柄を焼き付ける写真技法「サイアノタイプ」を使った作品を制作。光を通す部分に現れる青色の美しさを表現したいと、カメラフィルムやマスクなどを和紙に焼き付けた。石川さんは「普段、何げなく接しているものが、見方を変えると、独特な魅力を持っていることに気付いてほしい」と話した。
 断熱材を加工して、人をさまざまな形で表現した高さ百八十センチの彫刻五体を制作した小西日向さん(22)は、二〇二一年度から県内の公立中学校で美術教師として働く。「集大成として自分自身をモチーフにした。形の違いを比較しながら見てほしい」と呼び掛けた。
 同学部二、三年生の作品なども展示されている。午前九〜午後五時(最終日は午後三時まで)。

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧