本文へ移動

【中日】球界最年長・福留と2位の山井が対決 「4の0」勝利の山井「いい対戦、楽しかった」

2021年2月25日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
シート打撃に登板し、福留相手に投球する山井

シート打撃に登板し、福留相手に投球する山井

 球界ナンバーワン、ツーのベテランが火花を散らした。2軍キャンプで練習する中日の福留孝介外野手(43)と山井大介投手(42)が24日、オキハム読谷球場でシート打撃で対戦。結果は二ゴロ、一ゴロ、遊飛、空振り三振。熟練対決は投手最年長・山井に軍配が上がった。
 “決闘スタイル”の4番勝負だった。練習参加は日本ハム戦(名護)の残留組のみ、野手5人だったため、内野守備は割愛。無安打のまま最終打席。山井が3球で追い込み、最後は外角スライダーで空を切らせた。
 計18球。山井は「福留さんの打席だけ変化球がいいところに決まった感じ」と集中力全開。さらに「阪神時代もそうだったけど、何か読まれているのでは、とか考えながら対戦するのは楽しかった」と振り返った。対する福留は「球は元気だし、いろんなことをやりながら投げていた。順調に来ているんじゃないでしょうか」。昨季まで通算打率2割9分(31打数9安打)だったが、この日は脱帽だった。
 キャンプ中、山井はブルペン投球や打撃投手で打席に立った福留からバッター目線での助言を受けてきた。「いろんな意味で、いい対戦だと思う」と山井。シート打撃を終えた後はブルペンで打者役を立たせて80球を投げ、投球フォームを確認した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ