本文へ移動

渡辺シュンスケ、ドラマ主題歌の新譜配信 ロケ地から刺激

2021年2月25日 05時00分 (2月25日 05時00分更新)
渡辺シュンスケ

渡辺シュンスケ

 「シュローダーヘッズ」の名で活動する名古屋市出身のキーボード奏者・渡辺シュンスケが、ニューシングル「空飛び猫」を配信している。WOWOW制作のテレビドラマ「ペンションメッツァ」のエンディングテーマ曲で、作詞作曲とピアノを担当。シンガー・ソングライターの大貫妙子が、透き通るような声で歌い上げている。
 長野県のカラマツ林にある別荘地で、ペンションを経営する女性(小林聡美)と客らの交流を描いたドラマ。昨年夏、ロケ地を訪れた渡辺は「花は語らないけど、人間の営みをどんなふうに見ているのか。新型コロナウイルスも、花と同じ自然の一部じゃないか」と感じ、多幸感あふれる自然の中で深められた人間観を旋律に反映させた。
 コロナ禍でライブができなくなる中、ドラマ出演者で知人の女優もたいまさこの勧めもあって、楽曲提供の仕事を引き受けた。「やれることをやっていかなければ。テーマソングを作る機会をもらえたのは良かったです」 (林啓太)

関連キーワード

PR情報

エンタメの新着

記事一覧