本文へ移動

【大相撲】コロナ回復の白鵬 合同稽古に合流「春場所連覇、目指してますよ」初の東京開催にニヤリ

2021年2月24日 17時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
白鵬

白鵬

 新型コロナウイルスに感染し、1月の大相撲初場所を休場していた横綱白鵬(35)=宮城野=が24日、東京・両国国技館での合同稽古に合流した。
 関取衆との稽古は「年末の合同稽古ぶり」だったが、若隆景を指名して30番の三番稽古(連続して同じ相手と相撲を取る稽古)で全勝。力の差を見せつけるような、大技の「呼び戻し」も決めてみせ「(スタミナは)戻ったかな、という感じはしますけどね。20番と思って土俵に入りましたけど、気がついたら20番だったんで、じゃあもうちょっとという、そういう思いでやりました。やっぱり引き締まるものもあるし、環境を変えるというのはいいものですから」と不安を感じさせない内容だった。
 コロナ禍により1953年に本場所となった春場所が初めて東京開催となった。「初」という言葉は「嫌いじゃない」という白鵬は、「もう、春場所連覇、目指してますよ。東京では初めてですからね。初めてというのは好きですから、とか言って」とニヤリ。
 昨年11月場所後の横綱審議委員会で鶴竜とともに史上初の「注意」を決議された。けがとコロナの感染で、本場所の出場も途中休場した昨年7月場所以来。それでも揺るぎない自信で、昨年春場所以来5場所ぶり45度目の優勝を宣言していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ