本文へ移動

【楽天】岸孝之「真っすぐはいい感じ」25日先発予定の今季初実戦へ仕上がり順調

2021年2月24日 14時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今季初の実戦登板に向けて最終調整をする岸(楽天野球団提供)

今季初の実戦登板に向けて最終調整をする岸(楽天野球団提供)

 楽天・岸孝之投手(36)が24日、オンライン取材に応じ、先発が予定されている25日のDeNAとの練習試合(沖縄・宜野湾)を前に好調ぶりをアピール。キャンプ初日からブルペン入りして投げ込んできた成果を今季初の実戦で示す決意を語った。
 「僕は昔から投げ込んで自分のフォームだったり形をつくっていきたいタイプなので、そこはうまくやれたかなと思う」と自信を込める岸。昨季は腰の違和感などで開幕から出遅れたが、途中で戦線復帰し7勝0敗、防御率3・21と後半戦の勝ち頭となった。そのいい流れをここまで保ち続けているようで、「肘、肩、腰、身体の状態が悪くはないので、自分の感覚としても、真っすぐはいい感じかな」
 ここ数年、体に不調が出て思うような結果を残せなかったが、このキャンプ中は特に悩まされることなく順調に仕上がってきている。小山投手コーチも「ブルペンでもしっかり球数をこなして投げているし、去年よりも格段にストレートの走りだったり、そういう部分はいい」と評価する。
 岸は開幕投手の条件である「仙台の寒さに適応でき、イニングをしっかりこなせる投手」(小山コーチ)にも当てはまり、8年ぶりに日本球界に復帰した田中将、昨季最多勝の涌井、6度の開幕投手を務めた則本昂と並んで、候補の1人となっている。25日は2イニングを投げる予定で、そこでさらにアピールしたい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ