本文へ移動

リニア工事残土でJR東海 岐阜・中津川分、市内で処分計画

2021年2月24日 16時00分 (2月24日 16時00分更新)
 JR東海が、岐阜県中津川市のリニア中央新幹線のトンネル工事で出る残土を、同市内に整備する車両基地と基地北部に設ける発生土置き場の二カ所で恒久処分する計画で地元と協議していることが分かった。
 JRの計画では、市内で出るバンテリンドームナゴヤ一杯分の百五十万立方メートルの残土を、同市千旦林地区に建設するリニアの車両基地に五十万立方メートル、発生土置き場に百万立方メートルをそれぞれ持ち込む。地元住民に対しては...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報