米南部で初の死刑廃止、バージニア州「不公平で非人道的」

2021年2月24日 05時00分 (2月24日 05時01分更新) 会員限定
 【ニューヨーク=杉藤貴浩】米南部バージニア州議会は二十二日、死刑制度を廃止する法案を可決した。ノーサム知事は法案に署名し、発効する予定。米メディアによると、全米で二十三番目、南部では初の死刑廃止州となる。連邦レベルではバイデン政権が廃止を目指しており、他の保守的な州の動向も注目される。
 バージニア州では、冤罪(えんざい)の可能性や制度維持のためのコストに加え、執行の対象が黒人など人種的少数派に偏っていることから死刑制度への反対が強まっていた。米公共ラジオNPRによると、同州の黒人人口は約二割だが、死刑全体のおよそ半分が黒人に対し執行されたという。
 ノーサム知事と州上下院議長は共同声明で「刑事司法制度は公正で平等に罰を与えることが重要だが、死刑はそのように機能しない。不公平で効果がなく、非人道的だ」と表明した。
 米民間団体「死刑情報センター」によると、バージニア州は米独立前の植民地時代から最も多くの死刑を実施した州で、約千四百人に執行した。
 米国では連邦レベルの死刑制度が存続しており、トランプ前大統領は昨年七月に執行を再開し、退任までに十三人を処刑。政権移行期の強行と執行時の関係者に新...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

朝夕刊の新着

記事一覧