【中日】木下拓「結果残してアピールするしかない」初スタメンの広島戦で2打数1安打

2021年2月23日 21時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏2死一塁、木下拓が右前打を放つ=沖縄・北谷で

2回裏2死一塁、木下拓が右前打を放つ=沖縄・北谷で

  • 2回裏2死一塁、木下拓が右前打を放つ=沖縄・北谷で
◇23日 練習試合 中日0―4広島(アグレスタジアム北谷)
 中日の木下拓哉捕手(29)が今季の対外試合初スタメンで2打数1安打。2回2死一塁では外角低めの球を振り抜き、右前にポトリと落とすチーム初安打。それでも、「ファーストストライクで情けない当たり」と内容には納得しなかった。
 昨季はチーム最多87試合でマスクをかぶったが、正捕手の座が確約されているわけではない。木下拓は「打つ方はほかのキャッチャー陣に負けないよう、結果を残してアピールするしかない」と気を引き締めた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ