【楽天】則本昂 今季初実戦で最速151キロ 「もう少し切れと球威を出していけたら」2回パーフェクト

2021年2月23日 21時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム戦に先発した楽天・則本昂

日本ハム戦に先発した楽天・則本昂

  • 日本ハム戦に先発した楽天・則本昂
◇23日 練習試合 日本ハム0―2楽天(名護)
 2年連続7度目となる開幕へ、今季初の実戦マウンドで猛アピールだ。楽天の則本昂大投手(30)が先発して2イニングを完全投球。直球は最速151キロを計測し、8年ぶりに日本球界に復帰した田中将、昨季最多勝の涌井らとの開幕投手争いに名乗りを上げた。
 今季は本来のワインドアップに戻し、球の力強さがよみがえってきた。中田には直球を3球投じて遊ゴロに仕留めるなど2イニングで1人の走者も許さなかった。「直球はコントロールできていたので良かった。次は空振りを取れるようにしたい。もう少し切れと球威を出していけたら」
 このキャンプ中では出力を上げるためにワインドアップを試行中。小山投手コーチは「良いときは躍動感があるし、バランスが良ければワインドアップがいい。本人に任せます」と評価。則本昂は「問題なくできている。試合でやるかは別として現段階でやっておこうと。今はその過程ってだけです」と説明し、注目される開幕投手争いについては「監督、コーチが決めること。僕はやれることだけをやれたら」と冷静だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ