【中日】周平『今季初安打』でも「まだ真っすぐとかミスショット多い」

2021年2月23日 19時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋周が中前打を放つ=沖縄・北谷で

高橋周が中前打を放つ=沖縄・北谷で

  • 高橋周が中前打を放つ=沖縄・北谷で
◇23日 練習試合 中日0―4広島(アグレスタジアム北谷)
 中日の高橋周平内野手(27)が「5番・三塁」で先発出場し”今季初安打”を放った。4回1死、1ボール1ストライクから矢崎の外角低めに逆らわず、中前に運んだ。この日は3打数1安打。オフの体づくりで自己最重量”98キロボディー”を整え、20本塁打を目指す高橋周は「まだ真っすぐとかミスショット多い。結果はあまり気にせず、自分の思った打球を、自分の間合いで打てるようにしたい」と課題を口にした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ