【巨人】「一発で仕留められた」 2軍降格危機の秋広優人が二塁打2本で“進撃開始” 原監督のアドバイスで復調

2021年2月23日 19時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・秋広が適時二塁打を放つ

巨人・秋広が適時二塁打を放つ

  • 巨人・秋広が適時二塁打を放つ
◇23日 練習試合 ヤクルト5―10巨人(ANA BALLPARK浦添)
 巨人のドラフト5位、秋広優人内野手(18)=二松学舎大付高=が二塁打2本をマークした。4回先頭で左中間二塁打を放ち、5回は無死二塁で中越えの適時二塁打。対外試合で初の長打&マルチ安打に「甘く来たボールを一発で仕留められた」と笑顔を見せた。
 2軍スタートの宮崎で結果を残して1軍昇格。だが、沖縄では前日までの実戦4試合で11打数1安打だった。復調のきっかけをつくったのは原監督だ。「バットの出だけ。ちょっと構える位置をね」。数日前、投手方向へ倒れていたヘッドをやや立てるようにアドバイス。その効果はてきめんだった。
 巨人の高卒新人の開幕スタメンは、1959(昭和34)年の王貞治が最後。馬場正平(ジャイアント馬場)以来となる日本人2メートル超の18歳は、62年ぶりの快挙に向け、沖縄で再び大きな存在感を見せ始めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ