【中日】今年も広島1位投手ヤバイ!初対決3人斬り食らい与田監督「警戒しないと…やっかい」

2021年2月23日 19時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日との練習試合で8回裏を無得点で抑えた広島・栗林

中日との練習試合で8回裏を無得点で抑えた広島・栗林

  • 中日との練習試合で8回裏を無得点で抑えた広島・栗林
◇23日 練習試合 中日0―4広島(アグレスタジアム北谷)
 中日の与田剛監督(55)が、8回に4番手で登板した広島のドラフト1位栗林良吏投手(24)=トヨタ自動車=に1イニングを3人で抑えられ、「角度がある。おそらく低めはバッターがボールだと思ったところが、ストライクになる。十分警戒していかないと」と警戒を強めた。
 栗林はこの日の練習試合で最速150キロをマークし、根尾からは空振り三振を奪った。先発、救援いずれの可能性もあるドラ1右腕の力を”直接対決”で実感した与田監督は「先発とリリーフ、どちらになってもやっかい」とシーズンを見据えた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ