本文へ移動

「面白い試合になる」県岐阜商・鍛治舎監督が”大会ナンバー腕”認定の市和歌山・小園対策に自信【センバツ】

2021年2月23日 18時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
対戦相手が決まり、意気込みを語る県岐阜商の鍛治舎監督

対戦相手が決まり、意気込みを語る県岐阜商の鍛治舎監督

 第93回センバツ高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)の組み合わせ抽選会が23日、オンライン形式で開かれ、出場32校の初戦の対戦相手が決まった。プロ注目の小園健太投手(2年)を擁する市和歌山との対戦が決まった県岐阜商の鍛治舎巧監督(69)は「32校で一番いいボールを投げていた」と”大会ナンバー腕”に認定しながらも、小園対策に自信をのぞかせた。
  ◇  ◇  ◇
 難敵との対戦が決まっても、古豪復活を目指す県岐阜商の名将に恐れはなかった。「小園君は、秋の段階では32校の中で一番良いボールを投げていたという印象。でも、誰と当たろうが打たないと勝てない。うちの選手は経験もあるし、成長もしている。面白い試合になる」
 市和歌山は小園だけでなく、バッテリーを組む松川も高校通算31本塁打を誇り、大会屈指の強打者としても注目を集めている優勝候補。それでも「最強の公立校」の座を譲るつもりは全くない。
 「うちは野手のほとんどが、スイングスピードが146キロを超えてきているし、投手も5人が141キロ以上の速球を投げる。投手も野手も層が厚くなり、臨戦態勢はいつでもとれる」
 選手も、好敵手との対戦を心待ちにする。「4番・捕手」の高木翔斗主将(2年)は「目標は日本一。スイングの速さは負けていないと思うし、どんな投手でも圧倒したい」と意気込む。エース左腕の野崎慎裕(同)も「高木が日本一の捕手であると証明するため最少失点に抑えたい」と注目バッテリーのお株を奪う好投を誓う。
 昨秋は、市和歌山と予定していた練習試合が悪天候の影響で中止になった。半年越しの対戦の舞台が甲子園。知将率いる美濃の精鋭は、大会屈指のバッテリーを攻略する決意だ。
【初戦組み合わせ】
第1日
(1)神戸国際―北海
(2)明徳義塾―仙台育英
(3)健大高崎―下関国際
第2日
(1)宮崎商―天理
(2)三島南―鳥取城北
(3)東海大相模―東海大甲府
第3日
(1)具志川商―八戸西
(2)福岡大大濠―大崎
(3)明豊―東播磨
第4日
(1)市和歌山―県岐阜商
(2)智弁学園―大阪桐蔭
(3)広島新庄―上田西
第5日
(1)東海大菅生―聖カタリナ
(2)柴田―京都国際
(3)常総学院―敦賀気比
第6日
(1)中京大中京―専大松戸

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ