影山ヒロノブらアニソンユニット『JAM Project』の20年追った映画舞台あいさつ「いつまでも夢追うオレたちからエール」

2021年2月23日 17時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台あいさつで笑顔の影山ヒロノブ

舞台あいさつで笑顔の影山ヒロノブ

  • 舞台あいさつで笑顔の影山ヒロノブ
 アニメソング(アニソン)の人気歌手ユニット「JAM Project」の20年を追ったドキュメンタリー映画「GET OVER―JAM Project THE MOVIE―」(大澤嘉工監督、26日公開)の舞台あいさつ付きプレミア上映会が23日、東京都内で行われ、現メンバー5人と大澤監督が登壇した。
 JAM Projectは2000年に結成。メンバーは影山ヒロノブ(60)、遠藤正明(53)、きただにひろし(52)、奥井雅美(年齢非公表)、福山芳樹(57)。18日が誕生日の影山にサプライズで大澤監督から花束が贈られた。
 映画はインタビューやレコーディング、国内外でのライブなどで構成。
 影山は「44年業界にいるけど映画出演は初めてなので緊張してます」と言い、「いつまでも夢を追っているオレたちからみんなに贈るエールだと思って」と胸を張った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ