”薬物依存”回復を目指す高知東生「今日で2年、俺の中にはまだまだ旧式の自分がいる」苦しみつづる

2021年2月23日 14時17分 (2月23日 14時19分更新)
高知東生

高知東生

  • 高知東生
 俳優の高知東生(56)が23日、自身のツイッターを更新。薬物依存からの回復を目指す自助グループと出会って2年が経過したが、今も苦しんでいることを明かした。
 高知は「依存症界と出会い、今日で2年。俺の中にはまだまだ旧式の自分がいる」と書き出し、現状を報告。続けて「仲間のお陰で新しい価値観に少しずつ上書きされたが、俺の旧式の価値観に似た人と出会うと考え方が引き戻される」と苦しんでいる状況を明かした。さらに「新しい車は嬉しいけれど慣れるまで運転しにくいのと一緒で、価値観にしっかりと軸ができるまで繰り返し自分に叩きこむ」と依存症からの脱却へ、引き続き努力する姿勢を強調した。
 高知は2016年6月に覚醒剤と大麻所持の容疑で逮捕され、同年9月に懲役2年執行猶予4年の判決を受けた。現在は清原和博さんらとともに薬物依存からの回復を目指しながら、啓発活動にも取り組んでいる。

関連キーワード

PR情報

芸能・社会の新着

記事一覧