中アのライチョウ、動物園で繁殖 環境省が今夏から初の試み

2021年2月23日 05時00分 (2月23日 09時54分更新) 会員限定
昨年10月の調査で生存が確認されたライチョウのひなたち=中央アルプス駒ケ岳で(環境省信越自然環境事務所提供)

昨年10月の調査で生存が確認されたライチョウのひなたち=中央アルプス駒ケ岳で(環境省信越自然環境事務所提供)

  • 昨年10月の調査で生存が確認されたライチョウのひなたち=中央アルプス駒ケ岳で(環境省信越自然環境事務所提供)
 中央アルプス駒ケ岳で絶滅したとみられていた国特別天然記念物ニホンライチョウの復活に向け、環境省信越自然環境事務所(長野市)は、乗鞍岳から中アに昨夏移送したライチョウを今夏に国内の動物園に移送し、繁殖させる方針を決めた。自然界で育ったライチョウを人工的に増やす初めての試みとなる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧