事務局長「九州で名簿」発言撤回 高須氏、不正関与重ねて否定

2021年2月22日 22時45分 (2月23日 01時30分更新) 会員限定
署名の偽造疑惑について記者会見するリコール活動団体の高須克弥会長(左)と田中孝博事務局長=22日午後、愛知県庁で

署名の偽造疑惑について記者会見するリコール活動団体の高須克弥会長(左)と田中孝博事務局長=22日午後、愛知県庁で

  • 署名の偽造疑惑について記者会見するリコール活動団体の高須克弥会長(左)と田中孝博事務局長=22日午後、愛知県庁で
 愛知県の大村秀章知事のリコール運動中に多数のアルバイトが署名を偽造した問題で、リコール活動団体の会長を務める美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長と事務局長の田中孝博・元愛知県議が22日、県庁で記者会見し、「事務局は何も関係ない」とあらためて関与を否定した。
 この問題は、名古屋市の広告関連会社の下請け会社が、佐賀市内でアルバイトを動員し、署名の書き写し作業をしていたことが、本紙と西日本新聞の取材で判明。関係者によると、事務局幹部がバイト募集を依頼し、発注書もあった。
 これに対し、高須氏は「事務局幹部は田中事務局長1人しかいない。事務局長を僕は信じます」と説明。田中氏は「依頼もしていないし、発注書も出していない。佐賀にも行っていない」と自身の関与を否定した。
 田中氏は今月16日の記者会見などで「事務局メンバーではない運動関係者が、九州で名簿をつくる作業を依頼したと話している」と語ったが、この日、「はっきりしていないことを話してしまった」と訂正し、取り消した。
 また、高須氏は運動を始めた経緯について、大村知事と対立する名古屋市の河村たかし市長に頼まれたためと明かした。
 高須氏によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報