「フレイル」進行、体操で防ごう 越前「ほっとリハビリシステムズ」

2021年2月23日 05時00分 (2月23日 09時48分更新) 会員限定
「フレイル」への注意を喚起するチラシを手に語る松井代表=越前市の「ほっとリハビリシステムズ」で

「フレイル」への注意を喚起するチラシを手に語る松井代表=越前市の「ほっとリハビリシステムズ」で

  • 「フレイル」への注意を喚起するチラシを手に語る松井代表=越前市の「ほっとリハビリシステムズ」で
 新型コロナウイルスの影響で外出の機会が減り、介護が必要となる一歩手前の状態「フレイル(虚弱)」に陥る高齢者の増加が懸念されている。県内を中心に介護サービス事業を展開する「ほっとリハビリシステムズ」(越前市)の松井一人(かずひと)代表は「今年一月だけで利用者のうち十二人が自宅で転んで骨折した。今までにない人数」と話し、フレイルの進行に危機感を募らせている。
 ほっとリハビリシステムズには、六百人のデイサービス通所者がいる。一月は、通所者やその家族から、脚や手首などの骨折による欠席の連絡が十二件相次いだ。「二〇〇二年の創業以来、聞いたことのない件数だった」(松井代表)
 日本理学療法士協会の理事も務める松井代表は「昨年から、全国的にも骨折で搬送される高齢者は増えている」と指摘する。統計は取っていないが、同社でも「コロナ禍が始まって以来、骨折の件数は倍くらいに増えた印象」と語る。
 そんな中で、一月は特に自宅で骨折する高齢者が増えた。その背景について「今回の大雪の影響もあったはず。昨春から続くコロナ禍でフレイルが進行していることが、そこに重なったのではないか」と推測した。
 フレイルは体を動かさな...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧