本文へ移動

田中みな実がMC担当のTBS系「ジョブチューン」「有吉ジャポン」両番組を3月で卒業 後任はそれぞれ局アナに

2021年2月22日 04時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ジョブチューン」を山本里菜アナ(左)、『有吉ジャポン2 ジロジロ有吉」を近藤夏子アナ(右)に司会をバトンタッチする田中みな実アナ(中央)

「ジョブチューン」を山本里菜アナ(左)、『有吉ジャポン2 ジロジロ有吉」を近藤夏子アナ(右)に司会をバトンタッチする田中みな実アナ(中央)

 TBSテレビ系のバラエティー番組「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(土曜午後8時)と、「有吉ジャポン2 ジロジロ有吉」(金曜深夜0時20分)でMC(進行)を担当しているフリーアナウンサーの田中みな実(34)が3月で両番組を卒業し、それぞれ同局の山本里菜アナウンサー(26)と近藤夏子(かこ)アナウンサー(24)にバトンタッチすることになった。
 田中は2009年にTBSテレビに入社。12年から「有吉ジャポン」、13年から「ジョブチューン」を担当し、14年にフリー転身後も継続していた。新旧進行役の3人がこのほど対面。山本アナは「大好きな先輩から番組を引き継げる幸せを感じています。土曜日のこの時間は、のんびりゆっくりテレビを見られている方が多いかと思います。視聴者の気持ちを忘れず、番組を支えていけるように微力ながら頑張っていきたいなと思います」と気を引き締めた。
 学生時代から田中に憧れていたという近藤アナは「私が引き継いで大丈夫かなと不安もありますが、視聴者の方にスタジオにいるような臨場感をもってもらえるよう、楽しく番組を盛り上げていくお手伝いができたらと思います」と意気込みを語った。
 田中は視聴者に向け、「バラエティーで8年以上続けるって今の時代なかなかないことで。そんな番組に立ち上げから関わることができて本当に幸せでした。いいものだから、面白いものだから続いているんだと思います。今後とも引き続き両番組を愛していただければ幸いです」とメッセージを贈った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ