リオ銅メダリストが11位「悔いが残る」荒井広宙は東京五輪切符に向け「課題見つかった」【競歩】

2021年2月21日 20時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
荒井広宙

荒井広宙

  • 荒井広宙
 陸上の日本選手権20キロ競歩は21日、神戸市六甲アイランド甲南大周辺コースで行われ、男子はリオ五輪の50キロ競歩銅メダリストの荒井広宙(32)=富士通=は1時間23分11秒の11位。主戦場ではなかったが「落ち着いて入れたが、後半はズルズル行ってしまった。狙っていたタイムにも届かず、悔いが残る結果」と反省した。
 今後は東京五輪の男子50キロ代表の残り1枠を目指して4月に石川県輪島市で開かれる日本選手権に臨む。「課題も見つかり、現時点での練習の成果も確認できた。輪島に向け、淡々と練習を積み重ねていきたい」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ