本文へ移動

復帰の爆笑問題・田中裕二「頭が急にぐにゃん…」入院時は「左の手足が一瞬、動かなく…」など症状を語る

2021年2月21日 11時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中裕二

田中裕二

 脳梗塞などで療養していたお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(56)が21日、TBSテレビの情報番組「サンデー・ジャポン」で復帰した。少しやせたが「ご心配をおかけしました。すっかり元気です」と療養中の1カ月を説明した。
 相方の太田光(55)が「薬は抜いたんですか」とボケて歓迎。田中は「薬は飲んでいます」と切り出し「頭の痛さはよくいわれる殴られるような、というのは、そこまではないけれど、急にぐにゃん、という感じ」だったという。
 1月20日の午前2時に右前頭部に痛みを感じ、夫人の山口もえが飛び起きて119番。搬送、入院時は「ところどころ記憶が切れている。左の手足が一瞬、動かなくなったことがありました」と病状を明かした。
 1月27日に退院した後は、山口もえの作る健康的な食事をとり、大好きなお菓子を封印。現在に関して「もともと血圧は高くないけれど、半年から1年で強くなるのを待っている」「別の毛細血管が助けにいってなんとかつながった」「また切れるのがこわい」と心境を吐露した。
 田中が不在の期間、23日は上田晋也、31日は高橋茂雄、2月7日は井上貴博アナ、14日は松陰寺太勇が代役をこなしていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ