本文へ移動

辺り一面白く染まる 御浜・梅屋ファーム、南高梅と小梅満開

2021年2月21日 05時00分 (2月21日 11時16分更新)
梅が満開となり、一面が白く染まった梅林=御浜町神木で

梅が満開となり、一面が白く染まった梅林=御浜町神木で

 御浜町神木の梅干し生産会社「梅屋ファーム」の約八万九千平方メートルの梅林で、計千八百本の南高梅と小梅が満開となった。辺り一面が真っ白の風景となり、春の訪れを感じさせる。
 花は二月上旬から咲き始めた。受粉した後、初夏になると実が黄緑色と朱色に完熟し、収穫後に梅干しに加工される。
 担当者は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報