本文へ移動

<三河撮りある記>(61) 田原の藤井牧場の子牛たち

2021年2月21日 05時00分 (3月24日 14時37分更新)
屋外飼育用の牛小屋ですくすく育つ子牛=田原市西神戸町で

屋外飼育用の牛小屋ですくすく育つ子牛=田原市西神戸町で

  • 屋外飼育用の牛小屋ですくすく育つ子牛=田原市西神戸町で
 田原市神戸小学校から南に約二百メートル。犬小屋を大きくしたようなクリーム色の「牛小屋」が市道の脇に約一メートル間隔で並ぶ。牛小屋一つにつき一頭の子牛が飼育されている。
 牛小屋を設置しているのは田原市西神戸町の藤井牧場。牧場を経営する藤井啓一さん(53)は「病気がまん延しないように『ソーシャルディスタンス(社会的距離)』を取る飼育方法なんです」と話す。
 藤井牧場では、乳牛約百五十頭を飼育。牛小屋には...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧