本文へ移動

9色の声の多重録音でNiziUカバー 海蔵亮太2枚目アルバムで挑戦「コロナ禍で音域広がった」

2021年2月20日 23時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「僕が歌う理由(わけ)」を発売した海蔵亮太

「僕が歌う理由(わけ)」を発売した海蔵亮太

 歌手の海蔵亮太(30)=名古屋市出身=が、2年ぶり、2枚目のアルバム「僕が歌う理由(わけ)」を発売した。9色の声を使い分けて多重録音したNiziU「Make you happy」のカバーもあり、「時間があったので、やりたいこと、新しいことにチャレンジできた」と満足げに話した。
 カラオケ世界大会を2連覇し、2018年に「愛のカタチ」でデビュー。「楽譜は読めないし、読む気がない」としつつも抜群の歌唱力を誇り、歌唱バトル番組などでも活躍している。新型コロナウイルス禍ではライブやイベントが開けない分、YouTubeでの発信を強化。得意のトークでファン層を広げた。
 「Make―」もYouTubeでのカバーがきっかけ。「面白そうだな」と歌ってみたところ好評だったため、アルバムではアカペラバージョンに挑戦した。9人組のNiziUに合わせ、9人のキャラクターを設定し、ラップも含めて1人でこなした。
 これまで出したことがないベース(低音)パートも担当。一般的に身長と地声の高さは反比例するとされ、188センチの海蔵は「コロナ禍のボイストレーニングで音域も広がった。身長を初めて生かせたかな」と振り返った。
 アルバムタイトルでもある「僕が―」では初めて作詞に参加。コロナの影響で大変な状況の中、「とりあえず僕の歌で笑っていただけたら、それで十分」という思いを込めた。「自分の言葉で歌うのもまた素晴らしい、すてきなことだと気付けた。すごく良い機会でした」
 今後は配信ライブなどを考えるといい、「今自分ができることをもっと勉強して、皆さんに還元したい。次に会えた時の化学反応が楽しみ」と意気込んでいる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ