本文へ移動

ドラフト候補のセガサミー・中川智裕が今春1号でアピール 阪神・佐藤輝は後輩「また一緒にできたら」

2021年2月20日 21時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オープン戦1号&逆方向にも2安打のセガサミー・中川智裕

オープン戦1号&逆方向にも2安打のセガサミー・中川智裕

◇20日 練習試合 ENEOS2―6セガサミー(川崎・ENEOSとどろきグラウンド)
 セガサミー2年目の大型ショート、中川智裕内野手(23)がドラフト解禁イヤー1号本塁打を左翼へ放った。19日の東京国際大戦のノーヒットから一転、本塁打を含む3安打2打点。「きのうは調子は悪くなかったが、ヘッドが出ていなかった。試合後に佐藤コーチと修正した」。視察した巨人スカウトにアピールした。
 今春1号は、8回先頭で左腕・西島の直球を引っ張った。逆方向へも二塁打など2安打。「右方向に強く打てたのも良かった」。前日は2つの見逃し三振などいいところがなかったが、3番打者らしさを見せた。
 近大時代に三遊間を組んだ1年後輩の佐藤輝明(阪神)は長打力をアピール中だが、タイプが違うだけに張り合う気持ちはない。「頑張ってるなと思う。自分も阪神ファンなので、また一緒にできたらいい」と、同じ舞台に立つことを見据えた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ