本文へ移動

【大相撲】春場所に進退懸ける鶴竜「ここまで順調」久々の合同稽古で全勝、仕上がりをアピール

2021年2月20日 19時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鶴竜

鶴竜

 大相撲春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)に進退を懸けて臨む横綱鶴竜(35)=陸奥=が20日、国技館内の相撲教習所で始まった合同稽古に参加。小結御嶽海(28)=出羽海=と16番の申し合いで全勝と存在感を見せた。
 同部屋の霧馬山以外の関取と稽古するのは昨年7月場所前以来とのことだったが、頭で当たって前みつを引くなど安定した内容に「ここまで順調にきているんで、このままいきたいと思ってるんですけど。今日の時点では悪くなかったと思います」とまずまずの手応えを得た。
 昨年11月場所後の横綱審議委員会で、白鵬とともに史上初の「注意」を決議されたが、持病の腰痛を理由に翌初場所も4場所連続となる休場を決断。そのとき師匠の陸奥親方(元大関霧島)は春場所へ向けては「『次はないよ』ということで。引退をかけて一日も早く稽古できる体をつくって頑張りますということで」と明言している。
 昨年春場所から1年ぶりの土俵だけに不安の声もあるが、「今から心配することじゃない。しっかり自分の準備をやっていくだけ」と集中していく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ