本文へ移動

【日本ハム】中田翔、“苦手”マー君からの3ランに「運が良かった」 今季初安打が豪快一発

2021年2月20日 16時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表1死一、二塁、中田が左中間に先制3ランを放つ

1回表1死一、二塁、中田が左中間に先制3ランを放つ

◇20日 練習試合 楽天―日本ハム(金武)
 日本ハムの中田翔内野手(31)が楽天との練習試合の1回、田中将から左翼席へ3ラン。“今季第1号”の一発を「しっかり芯に乗ったんで、飛んでくれるかなと思いました」と振り返った。
 1死一、二塁で打席に立った中田は5球目をフルスイング。打球は大きな放物線を描いた後、左翼席に飛び込んだ。今季の“初安打”はこれまでの対戦打率が1割8分5厘(54打数10安打)と苦手にしていたマー君からの一発となったが、久々の対戦であらためて相手のオーラを感じた様子。2010年8月8日以来となるアーチを放っても、「運が良かった。たまたま」と手放しで喜んではいなかった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ