本文へ移動

【楽天】田中将大2666日ぶり日本復帰初登板でまさかの被弾!! 日本ハム主砲中田翔に3ランを献上

2021年2月20日 13時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回、中田に3ランを許した楽天・田中将

1回、中田に3ランを許した楽天・田中将

◇20日 練習試合 楽天ー日本ハム(金武)
 楽天・田中将大投手(32)が、2013年11月3日の巨人との日本シリーズ第7戦以来、2666日ぶりの日本復帰登板を果たした。日本ハム松本剛に対し、注目の初球はアウトローの速球。ボールになったが捕手太田のミットに心地よく響かせ、無観客ながら両軍ベンチから視線を一身に集めた。先頭の松本剛は外角スライダーで三振に仕留めたが中島、西川と連打を献上。日本ハムの4番中田を迎え、いきなり緊張感ある場面となった。
【写真】田中将大が披露した「氣持ち」新グラブ
 
 そのカウント2-2からだ。自慢のスライダーを左翼越えに3ランを献上。さらに大田にも左前打を浴び、野村は捕飛に仕留めたが、今川にもうまく制球できずにフルカウントとなった。最後は何とか三ゴロに抑えたが初回は3安打3失点と苦難の立ち上がりだった。
 前日から気負いは全く感じさせなかった。キャッチボールなどで最終調整を行った田中将は「イーグルスのユニホームを着て投げる姿を、皆さんに楽しみにしていただけたらなとは思いますね」と平常心を強調。「制球できるかどうか。そのためにはやっぱり良いフォームで投げなきゃいけない。一番はそこ」と自ら初登板のテーマを明かしていた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ