浜松市 映画「弱虫ペダル」ロケ地で特別賞

2021年2月20日 05時00分 (2月20日 10時29分更新)
映画「弱虫ペダル」の撮影風景=昨年3月15日、浜松市西区の浜名湖ガーデンパークで(市提供)

映画「弱虫ペダル」の撮影風景=昨年3月15日、浜松市西区の浜名湖ガーデンパークで(市提供)

  • 映画「弱虫ペダル」の撮影風景=昨年3月15日、浜松市西区の浜名湖ガーデンパークで(市提供)
  • 中心市街地のロケの様子=昨年3月21日、浜松市中区で(市提供)
 昨年八月に公開された映画「弱虫ペダル」とロケ地になった浜松市が、街の魅力を高めた映画やドラマと撮影地を表彰する「ロケーションジャパン大賞」の特別賞(行楽度部門)に輝いた。撮影を支援し、地域一帯で観光振興に取り組んだ成果が評価された。 (坂本圭佑)
 東京都内で十八日、表彰式があり、三木康一郎監督と市東京事務所の村上隆康所長が表彰状を受けた。
 賞は、ロケ地情報誌「ロケーションジャパン」編集部が主催。二〇一九年十二月〜二〇年十月に公開された映画やドラマとロケ地が対象で、三十作品五十二地域がノミネートされた。六千人の一般アンケートによる「支持率」のほか、観光振興の度合いを見る「行楽度」、地元のロケへの協力などの「撮影サポート度」、来訪者の増加といった「地域の変化」の四点を審査した。
 弱虫ペダルは、同名の人気漫画が原作で、高校自転車競技部の青春ストーリーを描いている。アイドルグループ「King&Prince」の永瀬廉さんらが出演し、浜名湖ガーデンパーク(西区)や中区の中心市街地、船明ダム湖(天竜区)など市内八カ所でロケをした。
 市によると、パネル展やロケ地を巡るサイクリングツアーを企画してファンをもてなしたほか、三万部発行したロケ地マップが一カ月で配布を終えるほどの人気だったり、パネル展の来場者数が多かったりしたことが評価された。
 市の担当者は「受賞によって浜松の魅力が伝わり、新たな作品のロケ地に選ばれることに期待したい」と話した。
 県内のノミネートは弱虫ペダルのみで、浜松市と別にロケ地となった西伊豆町も候補に挙がっていた。グランプリは映画「浅田家!」と津市、準グランプリは連続テレビ小説「エール」と福島市だった。

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧