本文へ移動

コロナ禍の若手音楽家支援 名古屋で演奏会開催

2021年2月19日 16時00分 (2月19日 16時00分更新)
今木智彦

今木智彦

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、コンサートや音楽留学ができなくなった若手演奏家を支援する「Dream Konzert」が二十六日午後六時十五分から、名古屋・伏見の三井住友海上しらかわホールで開かれる。
 ピアニストの前田祐里が企画。小学生からプロまでのピアニストやチェリストが、ベートーベンやシューマンのピアノ協奏曲や、ハイドンのチェロ協奏曲を披露する。愛知県出身の演奏家らがこの公演のために結成したオーケストラ「アマビエシンフォニエッタ」と共演。今木智彦が指揮する。
 前田は「コロナで勉強や発表の機会がなくなり、音楽の道をあきらめようか悩んでいる演奏家を支援したいと企画した。なんとか、音楽芸術がすたれないように力を尽くしたい」と話した。
 2500円。(問)しらかわホールチケットセンター=電052(222)7117 (花井康子)

関連キーワード

PR情報

エンタメの新着

記事一覧