本文へ移動

退学公表後初の対局 藤井聡太二冠が広瀬八段に完勝 5期連続Vへあと2勝【竜王戦2組ランキング戦】

2021年2月18日 22時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太

藤井聡太

 藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=は18日、大阪市の関西将棋会館で指された第34期竜王戦2組ランキング戦2回戦で広瀬章人八段(34)を103手で破り、16日の高校自主退学公表後初めての対局を白星で飾った。
 これでランキング戦は負けなしの22連勝。2組のベスト4に進出し、史上初の5期連続優勝まであと2勝とした。準決勝では松尾歩八段(40)と対戦する。
 盤上は藤井二冠が先手番から初めて相掛かりを採用した。中盤、広瀬八段の意表を突く好手を放つと、徐々に局面をリード。そのまま押し切る完勝劇で、将棋一本に専念した効果か、さらなるパワーアップを印象づける一局となった。
 公式戦の連勝は15に伸び、広瀬八段との対戦成績を3勝1敗とした。消費時間は藤井二冠4時間53分、広瀬八段4時間32分。終局は午後9時43分だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ