本文へ移動

外は雪、ハウス内は春の光景 永平寺でタラノメ収穫ピーク

2021年2月18日 05時00分 (2月18日 15時52分更新)
井戸水による水耕栽培でみずみずしく育つタラノメ=永平寺町松岡宮重で

井戸水による水耕栽培でみずみずしく育つタラノメ=永平寺町松岡宮重で

 永平寺町松岡宮重のハウスで、春を告げる山菜タラノメの収穫がピークを迎えている。二十四節気の一つで、雪が雨に変わるとされる「雨水」(十八日)を前に、福井市北四ツ居一の農家、金元正さん(67)が十七日も作業に励んでいた。雪が吹き付ける悪天候だったが、ハウス内には「春の光景」が広がっていた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報