本文へ移動

県内 新たに4人感染 敦賀高きょうまで休校

2021年2月18日 05時00分 (2月18日 09時45分更新)

 県は十七日、敦賀市の十〜五十代の男女四人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも十六日に感染が公表された五十代女性の同居家族。うち一人は敦賀高校の女子生徒で、同校は十八日まで休校(定時制は通常通り)とし、接触のあった生徒と教員計百四十二人のPCR検査を十七日に実施した。県内の新規感染者の確認は二日連続で、累計は五百三十五人。
 新たに感染した四人は女子生徒のほか、二十代の保育教諭女性と保育士女性、五十代の薬剤師男性。いずれも五十代女性の濃厚接触者として、十六日の検査で陽性と判明。無症状の保育教諭女性を除く三人は軽症で、それぞれ今月一〜九日にかけ、悪寒やのどの痛みなどの症状があったという。五十代女性が勤務する粟野保育園の職員と園児計百四十一人は全員陰性が確認されている。
 女子生徒は十五日まで登校。同校は生徒の感染を受け、十七日に校内を消毒した。検査の対象となった生徒や教員はクラスメートのほか、選択科目や部活動で接触があった。
 保育教諭女性と保育士女性は、それぞれ第二早翠(さみどり)幼稚園(敦賀市市野々町)、新和さみどり保育園(同市新和町一)で十五日まで勤務。接触のあった幼稚園の八十一人、保育園の八十三人の職員と園児を検査する。
 薬剤師男性はクララ調剤薬局野神店(同市野神)に勤務。十五日まで勤務しており、接触のあった職員四人を検査する。接客時間が短時間であることなどから、県は利用客に濃厚接触者はいないとみているが、二州健康福祉センター=0770(22)3747=で相談を受け付けている。 (玉田能成、籔下千晶)

関連キーワード

おすすめ情報

福井発の新着

記事一覧