本文へ移動

田中将大の経済効果、宮城県だけで約57億円 関大教授「年俸9億円は決して高いものではない」【楽天】

2021年2月17日 20時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将大

田中将大

 関大は17日、経済波及効果の分析で知られる宮本勝浩名誉教授が、前ヤンキース・田中将大投手の日本球界復帰(楽天)の経済効果を本拠地のある宮城県で約57億1697万円(1年間)と試算したと発表した。コロナ禍で観客の入場制限がある状態(収容人数の半分という設定)での経済効果は、約39億960万円とした。
 宮本名誉教授は「これらの金額は、楽天の球団のみに入ってくる収入増加額ではなく、球団はじめ地元の経済界全体に入ってくる金額の総額である。数値を見ると、マスコミで取り上げられている田中選手の年俸9億円(推定)は決して高いものではなく、田中選手の楽天復帰入団が地元宮城県に非常に大きな経済効果をもたらすことがわかる」とコメントを寄せた。 

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ