からくり時計のロボット2体、買い物客の要望で間近に 鈴鹿「白子サンズ」

2021年2月17日 05時00分 (2月17日 12時12分更新) 会員限定
買い物客の要望を受け、地上で展示中のからくり時計のロボット=鈴鹿市白子駅前の白子ショッピングタウンサンズで

買い物客の要望を受け、地上で展示中のからくり時計のロボット=鈴鹿市白子駅前の白子ショッピングタウンサンズで

  • 買い物客の要望を受け、地上で展示中のからくり時計のロボット=鈴鹿市白子駅前の白子ショッピングタウンサンズで
  • 故障前は円盤からロボットが現れる仕組みだったからくり時計=鈴鹿市白子駅前の白子ショッピングタウンサンズで
 鈴鹿市白子駅前の商業施設「白子ショッピングタウンサンズ」が二十日をもって閉店するのを前に、開業以来、三十一年間にわたって店内に飾られてきた「円盤」に乗ったロボット二体が床に降ろされた。施設の象徴として買い物客に親しまれ、「最後は間近で見たい」との声に店側が応えた。 (片山健生)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧