本文へ移動

東白川・公設レストラン「味彩」、カフェへ再生 4月下旬の開業目指す

2021年2月17日 05時00分 (2月17日 11時16分更新)
4月下旬にオープンする予定のカフェのイメージ=エネテクホールディングス提供

4月下旬にオープンする予定のカフェのイメージ=エネテクホールディングス提供

  • 4月下旬にオープンする予定のカフェのイメージ=エネテクホールディングス提供
  • カフェ開業に向け、協定を交わす今井村長(左)と吉田社長=東白川村役場で
 新型コロナウイルスの影響で窮地に立たされていた東白川村神土の公設レストラン「味彩(あじさい)」が、トーストやベーグルを売りにしたカフェに生まれ変わる。村内で別の事業を手掛ける名古屋市の友好企業が、建物を借りて運営に乗り出す。四月下旬のオープンを目指している。 (渡辺大地)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧