不安な在日外国人の力に 名古屋の神父・大海さん、県弁護士会人権賞

2021年2月17日 05時00分 (2月17日 11時38分更新) 会員限定
人権賞を受賞したカトリック五反城教会神父の大海さん(中)と活動を手伝う学生ら=名古屋市中区の県弁護士会館で

人権賞を受賞したカトリック五反城教会神父の大海さん(中)と活動を手伝う学生ら=名古屋市中区の県弁護士会館で

  • 人権賞を受賞したカトリック五反城教会神父の大海さん(中)と活動を手伝う学生ら=名古屋市中区の県弁護士会館で
 県弁護士会は二〇二〇年度の人権賞にベトナム人ら在日外国人の支援を続ける名古屋市中村区のカトリック五反城(ごたんじょう)教会の神父大海明敏さん(56)を選んだ。同市中区の県弁護士会館で十六日、表彰式があり、大海さんは「コロナ禍で技能実習生は厳しい状態にあるが、集い、頼れる場所をつくり続けたい」と語った。(塚田真裕)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧